生足派の私も納得の美脚でした

最近はニーソックスやタイツなどの『足をなにかで覆った状態の女性』が人気ですよね?
ああいうアイテムを着用することでコントラストが出やすくなり、足も立体的に見えるから、足好きのフェティシズムを刺激するのでしょう。

そのせいなのか、それとも足を見せたくないだけなのか、ニーソックスやタイツを愛用する女性が増えました。これは一部の男性にとっては眼福でしょうし、足を露出しないことでのメリットもあるとは分かりますが…生足派としては物足りない光景です。

私は「なにも履いていない足こそ最強だろ!」と考える生足好きでして、今となっては貴重な生足の女性を街で見かけたら思わずガン見していました。
最近ではセックスのときもソックスやタイツを脱がさない人がいますが、私は断然全裸派ですね。

そんな私にとって今のセフレ(真咲さん)は最高のパートナーです。
あくまでもセックス相手でしかないのですが、その体はまるで私の性癖を満たすために存在しているかのようで、会えば毎回そのおみ足を愛でていますよ。

真咲さんとの出会いはこの掲示板で出会いました。
さすがにこういう掲示板で美脚ばかりを求めるわけにもいかず「とりあえずセックスさせてもらうだけでもいいか」といつも納得していたのです。
もちろん足が綺麗なほどうれしかったですが…。

そんな中、私と真咲さんは出会ったのです。
「この人わりと近くに住んでいるんだな」と気付き、それで仲良くしていました。
遠くに離れているセフレを作ってもあまり意味がないので、住んでいる場所は大変重要です。

真咲さんも私をそれなりに気に入ってくれたようで、会う約束をしました。
ここまでスムーズに話が決まるのは貴重でして、真咲さんに感謝していたのですが…直接顔を合わせればもっとうれしくなったのです。

その理由はやっぱり真咲さんの足でした。
短めのスカートを履いていた真咲さんはタイツやニーソックスなどは着用しておらず、そのすべすべの足をしっかりと露出していたのです。
しかも足はとても細いシルエットを描いており、無駄なぜい肉もありません。

ホテルで触ってみると「ああ感触まで最高なんて、これぞ理想的な美脚だよ…」と感動し、何度も擦ってしまいました。真咲さんは「そんなに足好きなの?ちょっとくすぐったいけど…」と言いながらもされるがままでしたよ。

生足派にとって美脚女性は最高のセックス相手ですので、頑張って見つけたいところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする