セフレを作ってはいけない女性のタイプ

セフレとは面倒くさい事を抜きにしてセックスがしたい時にセックスだけする事が出来る関係です。ですがすべての男女がセフレを作る事に向いている訳ではありません。
中には明らかにセフレを作る事が向いていない女性が存在しています。

ではセフレを作ってはいけない女性のタイプについて紹介します。
まず惚れっぽくてすぐに相手のセフレの事を好きになってしまう女性はセフレを作るべきではありません。

恋愛感情はご法度だと言えます。
もちろん中には知り合った男女がお互いに相手の事を好きになってしまいセフレから恋人関係に発展するという可能性がない訳ではありません。

ですがそのような可能性は限りなく低く、ほとんどのケースではセフレの事を好きになってしまうとセフレ関係が終わる事になってしまいます。
もともと恋愛とかしたくないからセフレを作っている訳です。

セフレを作る人がフリーとは限らず恋人がいたり結婚している人でもセフレは普通に作っています。それなのに好きだと言われてしまうと男性としては非常に面倒くさいと思いますしこれ以上面倒ごとに巻き込まれたくないので即効で逃げ出してしまいます。

そもそもセフレはセフレであり恋人は恋人と全く別物なのでほとんどの男性はセフレを恋人にしたいとはこれっぽっちも思っていないと思います。
報われない恋愛で失恋に終わる可能性が限りなく高いのでセフレは好きになるべきではないし、日頃から惚れっぽい女性がセフレを作るべきではないと言えます。

またセフレ関係は割り切りの関係が基本です。
要はセックスさえ出来ればそれでいいと思っているのでセフレ相手にデートや食事は必要ないと思っている男性が多いのです。
ご機嫌取りとしてセフレと継続的な関係を築くためにセフレとデートや食事をする男性がいない訳ではありません。

ですがそれは何度もセフレを作る事が面倒なので1人のセフレと長く付き合いたいという下心があるからです。
基本は割り切りの関係でありその割り切りの関係を冷たいと思ってしまう女性はそもそもセフレを作るべきではないと言えます。

デートや食事をしたいし男性から優しくされたいと思っているのであればセフレではなく最初から恋人を作ればいいのです。
セフレを作る事は強制でも何でもないのでセフレを作る事が向いていない人はセフレを作らない方が幸せなのではないでしょうか?
それにセフレを作ってはいけない女性が紛れていると男性としても地雷のような存在なので避けて通りたいと思っているはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする