脈なしサインは男女で違う

脈なしのサインは男女で違う事を知っていますか?
男性の脈なしのサインは露骨なので女性はすぐに脈がないと気づく事が出来るでしょう。
対して女性の脈なしのサインは男性からすると非常に分かりにくく脈があると勘違いしてメールやLINEを送り続けてしまうかもしれません。

掲示板では余計な時間をかけずに効率的にセフレを作りたいですよね。
そのため脈なしの相手にメールやLINEをしている時間が勿体ないと言えます。
では掲示板で男性と女性の脈なしのサインについて紹介していきます。

まず分かりやすい男性の脈なしサインは、返事が一言だけだったりと短文で終わってしまいます。相手と会話を楽しむ気がない事がすぐに伝わってきますよね。

短文メールよりもさらにひどいのが未読スルーです。
まだその場では未読スルーでリアルタイムで返信がなくてもあとから「ゴメン仕事が忙しくて返信が遅れた」などと言い訳があれば優先順位は低いかもしれませんが脈なしという事はありません。

ですが既読スルーのあとに謝らない場合はどう思われても構わないと思っている訳ですから完全に脈なしです。その他にもスタンプ選びが雑だったり「もう寝るから」とすぐにやり取りを終わらせてしまう場合も脈はなしと考えていいでしょう。
このように男性の脈なしサインは非常に分かりやすいので余程鈍感な女性でなければすぐに脈はないと気づけるはずです。

対して女性の脈なしサインは非常に分かりにくいと言えます。
例えば「気楽に話せる」「かわいい」「いい人」などとメールやLINEで言われたとしましょう。一見褒められていると勘違いするかもしれませんが、これらの言葉は相手の事を男性として見る事が出来ないという婉曲的な拒絶です。

もう少し分かりやすいのが他の男性についての悩みを相談してきたり友達で格好いい人がいたら紹介してと言ってくるケースです。
つまりあなたではダメという意味で脈なしのサインだと言えるでしょう。
また誘っても「ごめんその日は用事があって無理」と2回以上断られている場合も脈なしだと判断しましょう。

1回であれば本当に用事があって無理だった可能性がありますが、続けて2回も用事が重なる可能性は低いと言えます。それに会いたいと女性も思っているのであれば断った時点で相手から「その日は無理だけどこの日は大丈夫」と別の日の提案があるはずです。
フォローがなく2回以上断られている場合は諦める事が肝心です。

このように女性は明確に拒絶するのではなく遠回しに拒絶をする傾向があります。
なので男性からすれば楽しそうにメールのやり取りをしていたのに脈なしだった訳?と混乱するでしょう。男女の脈なしのサインの違いをしっかりと理解しておいて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする