自称セックス中級者の勘違いテクニック

掲示板ではセックステクニックを問われる場面もありますよね。
男性としては本命の彼女にはセックスに不慣れな方が嬉しいけれど、掲示板ではセックステクニックがある方がいいと思っています。
ですが、自称セックス中級者の勘違いテクニックを披露するぐらいならやらない方がマシだと言えます。

では自称セックス中級者の勘違いテクニックについて紹介していきます。
ちなみに自称セックス中級者って何?と思う人もいるかもしれません。
実際のレベルとしては完全に初級者なのに、本人が数回のセックス経験や相手が「上手だね」とお世辞で言った褒め言葉を真に受けて、自分は初級者ではなく中級者になったと思ってしまう事です。

傍から見れば経験もテクニックも不十分なので自称セックス中級者と呼ばれてしまいます。
勘違いテクニックとして挙げられるのはオーラルセックスでの力加減が強すぎる事です。
フェラやクンニなど敏感な場所なので激しく刺激を与えればいいという訳ではありませんよね。

ですが激しく刺激を与えて力加減が強すぎるために相手は痛くて気持ちがいいとは思っていません。完全に自己満足な行為になってしまっているので注意が必要です。
あとフェラで頑張って相手をイカせようとする女性がいますが、実はフェラの刺激だけではイケない男性は少なくありません。

それなのに長時間フェラを頑張って顎が疲れたのに、イカせる事が出来ないとテンションが下がってしまいますよね。ですがフェラでイカせる必要はなく、あくまでフェラは勃起をさせて挿入出来る状態にすればOKだと考えて下さい。

他にも自称セックス中級者は自分のテクニックで相手を翻弄させようと相手を焦らせようとします。ですが本来焦らすという行為は高度なテクニックが求められます。
下手に焦らされてしまうと萎えてしまったり、面倒くさいと思われている可能性があります。

そして女性が自分から腰を振る行為も気持ちよくて無自覚に腰が揺れてしまうというのであればOKです。しかしながらセックスし慣れている感を出すためにエッチな姿を見せようと腰を振る場合に男性は歓迎していない可能性があります。
なぜかというと腰を振るという行為は男性が腰の動きとリズムを合わせる必要があります。

このリズムが合っていれば相乗効果でもっと気持ちよくなる事が出来ます。
ただ上級者であれば相手のリズムに合わせて腰を振る事が出来ますが、自称セックス中級者の場合は肝心のリズムが合っていません。
そのため逆効果で全然気持ちよくなれないので、やらない方がマシだと思われているでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする