マイナーな体位に挑戦

普段できないようなセックスを体験してみたい。
そんなふうに思っている男性は多いでしょう。
例えば体位1つとってもそうですよね。

恋人とのセックスであれば正常位やバックが基本で、かなり頑張って騎乗位などの体位は経験出来るかもしれません。しかしこれらの体位はどれもメジャーな体位ばかりで既に元カノとのセックスで経験済という男性も多いはずです。
もっとマイナーな体位も試してみたい。

そう思っているのであれば掲示板でマイナーな体位を試してみる事をお勧めします。
あまり恋人とのセックスで、マイナーな体位をいろいろと試そうとすると、自分とのセックスは身体目当てなの?そんなふうに彼女が誤解してしまったら大変です。

恋人とのセックスは保守的なぐらいがちょうどよく、積極的に攻めたセックスは掲示板で相手を探すといいでしょう。
では試してみたいマイナーな体位とその方法をいくつか紹介していきます。

「獅子舞」とはその体位が伝統芸能の獅子舞に似ている事からその名前が付けられています。
「獅子舞」は48手の中でもかなり難易度が難しい体位で成功率が低い体位とされています。
しかし成功すれば高い締め付け具合で凄く大きな快感を得る事が出来ると言えます。

「獅子舞」のやり方は対面座位の一種なので男女が向き合って座ります。
そして女性の足をあげて男性の肩にのせます。
この時バランスを崩しやすいので男性は女性の腰や背中のあたりを支えた状態で挿入して下さい。

お互いの協力がなければ成功できない悪アクロバティックな体位ですが締め付け具合と深い挿入感、あと視覚的な刺激など興奮要素が多い体位です。
他にも刺激的な体位として「立ち鼎」という体位があります。

その名前から立ちながらする体位だという言葉想像出来ると思います。
実際には男女が向かい合って立って男性が女性の片足を持ち上げます。

そしてそのまま挿入します。イメージとしては「獅子舞」の状態で立ち上がった体位です。
立ちながら挿入するだけでなく片足を持ち上げた状態なのでかなり不安定な体勢だと言えるでしょう。ですがベッドを必要としない体位なのでどこでもセックスする事が可能です。

野外セックスをする時に寝転がるよりも衛生的な体位だと言えます。
また身体の密着度が高いため挿入しながらキスなどの愛撫もしやすく興奮しやすい体位でもあります。ただし「立ち鼎」は身長差があると挿入後にピストンしにくいので注意して下さい。

他にもまだまだマイナー体位はあるのでセフレとやった事がない体位を試してみてください。
毎回異なる体位を試せばセフレとのセックスでマイナー体位を楽しめるだけでなくマンネリ化の予防にもなるのでお勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする