1回戦だけじゃ物足りない2回戦にもっていく方法

セフレを作り念願のセックスが出来たとしましょう。
ですがそのセックスが1回戦だけで終わってしまったらちょっと物足りなさを感じませんか?
せめて2回戦ぐらいはしたい。

そう思う人に2回戦にもっていく方法を紹介します。
まずどうすれば2回戦にもちこみやすくなるのかというと、相手の興奮度合いを高めておく事です。相手がセックスの最中に凄く興奮していると1回イッただけでは物足りないと思う確率が高くなります。

そうすれば自然と2回戦にもちこむ事が出来るでしょう。
ただ男性は1度射精してしまうと賢者モードに突入します。
この賢者モードとは興奮が冷めてしまい無気力な状態になってしまいます。

人によってはそのまま寝てしまったりシャワーを浴びに行ってしまったりします。
寝たりシャワーを浴びられてしまうとそこから2回戦にもちこむ事はもう無理です。
そのため賢者タイムからいかに早く回復させるかが2回戦にもちこむうえで重要になっていくと言えます。

例えば男性が射精した後もすぐに抜くのではなく「まだ抜かないでもう少し感じさせて」と伝えていましょう。男性はそのまま挿入した状態だとまたムラムラしてくるのでやりたくなり2回戦に突入しやすくなります。

またセフレが相手であればストレートに言葉で伝えるのもありです。
恋人には清楚系でいて欲しくてもセフレにはちょっとエッチな女性の方が好まれます。
「気持ちよかったからまたやりたくなった」と言えば男性も素直に嬉しく感じるはずです。

他には直接男性器を刺激する事も効果的です。
ただし射精直後の男性器はとても敏感になっているので強い刺激を与えてしまうと痛みを感じる事があります。そのため力加減を注意して優しく撫でるように触って下さい。

触っているうちにまたみるみると回復してきます。
そして回復すればもう1度射精したいという気持ちが男性は高まるので2回戦にもちこみやすくなるでしょう。

2回戦をしたいのにあえて裸を隠すという方法も効果があります。
それまで裸でセックスをしていたのに隠す事に意味があるの?と疑問に思う男性もいるかもしれません。ですが男性は裸全てを見せられるよりもチラリズムで見えそうで見えない方が興奮するのです。

例えば1回戦が終わった後にラブホの冷蔵庫に水を取りに行く場合、恥じらいもなく裸でズカズカと部屋を歩かれてしまうと男性は興ざめしてしまいます。
裸の上からガウンを羽織り紐を緩めに結べば歩くたびにちらちらと胸や脚が見えて男性は興奮するでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする