気持ちよすぎるアソコを持つ女性が彼氏とせずに掲示板を使うようになった理由

女性のアソコに入れると、気持ちよくなれる…これは男なら誰もが知っている事実ですが、その気持ちよさには差があります。俗に名器と呼ばれている女性に入れた場合、その気持ちよさは最高クラスであり、夢中になって腰を振り続けてしまうでしょう。

名器の女性と付き合うことができたらセックスも毎回気持ちいいでしょうし、いつまでも楽しめる…誰もがそう信じるでしょうが、実はそうとも限りません。
名器の女性が自ら掲示板を使う事情について知ると、名器ゆえの苦労も知ることができました。

その女性は智美さんという方で、智美さんは紛れもなく名器であり、私も初めてセックスしたときは我慢できずに暴発したのです。こんなことは初セックスのとき以来であり、「これを我慢するとか、AV男優でも難しそう…」なんて思いました。

ちなみに智美さんは彼氏がいまして、付き合い始めの頃は馬鹿みたいに求められたらしいです。セックスしたあとなら彼氏が求めまくるのも納得でしたし、智美さんも気持ちよくなれて一石二鳥に感じていたのですが…。

智美さんは掲示板を使っていたように、今は彼氏ともセックスできていないようです。
智美さんほどの名器が相手なのに…と思うかもしれませんが、実はその彼氏は『智美さんのアソコが気持ちよすぎて腰を振りすぎたら、そのまま腰痛になってろくに動けなくなった』のだとか。

なんとも間抜けに聞こえますが、これは名器を持つ智美さんゆえの悩みなのです。
というのも、智美さんは過去の彼氏とも似たようなことがあったらしく、本当はもっとゆっくりと楽しんでもらいたいようですが…そこは悲しい男の性がありまして、みんなあまりの気持ちよさに腰を痛めてしまうのですね。

それで今回もセックスができなくなり、掲示板を使うようになりました。
名器持ちの智美さんは性欲もなかなか強いようで、彼氏にいかせてもらえない分オナニーをしていたようですが、それで満たされることはなかったのです。

そんな話を聞くと私も気になり、智美さんと会うことにしました。
名器を持つ智美さんですが容姿についてはやや地味な感じで、男受けは良さそうなものの、エロいイメージからは遠かったですね。
こんな女性が名器を持っていると思ったら、ある意味ギャップで興奮するかもしれませんが…。

きちんと覚悟して入れてみましたが、やはり1回目は我慢できずに出してしまいまして、智美さんも苦笑いをしていました。それならばと指と口で智美さんを満足させたあとに入れたらなんとかお互いが満たされまして、やっぱり名器の女性はいろいろ違うと痛感したのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする