セフレ関係が長続きしない理由

1回限りの関係や短期間で終わるセフレ関係も決して珍しくありません。
ですが安全性とセックスの気持ちよさを重視するのであれば長期的なセフレ関係を築くべきだと言えます。長期的なセフレ関係を求めているのにセフレ関係が長続きしないという人もいるでしょう。

ではセフレ関係が長続きしない理由をいくつか紹介していきます。
まず根本的な考え方としてセフレ関係が長続きしない理由はセフレとして付き合うのに物足りなかったり言動に問題があり近づかない方が賢明と判断される場合です。
つまり相手からまた会ってセックスしたいと思ってもらえない事が要因だと言えます。

例えば男性に多いのが「こういうセックスが女性は好きなんでしょ」と勝手に的外れなセックスを押し付けてくるケースです。
セックスの要望は人それぞれ異なるため本来であれば相手が何を求めているのか知る努力をしなければいけません。
ですがその手の男性はAVをお手本としていてAVの中でAV女優が喜んでいるプレイをリアルの女性も喜ぶと思っているのです。

AVは男性の願望を形にしたものなのでかなり男性よりの偏ったセックスをしていますよね。
そんなセックスを女性はこういうセックスが好きだと勘違いしている男性とセックスをしても不満だけが残ってしまいます。

またセフレは割り切った身体だけの関係である事は双方がよく理解しています。
ですが女性としてはやはり男性から優しくされたいしチヤホヤされたいという願望があります。そのためセックスだけでなく一緒に食事やデートに行ったり話をちゃんと聞いてもらえるという疑似恋愛のオプションをつけて欲しいのです。

そんな疑似恋愛のオプションが面倒だと思ってしまう男性だと一緒にいてもセックス以外に何の価値もない訳です。
するとセックスがマンネリ化した途端にすぐに関係は切られてしまいます。
もし疑似恋愛を楽しんでいてこの人と一緒にお酒を飲むのが楽しいという気持ちがあればまた会いたいと思うはずです。

そして会ってお酒を飲めばそのままセックスという流れが出来上がっているので関係が長期化しやすくなります。
ただしあくまでも疑似恋愛であって独占欲などを露わにしてはいけません。
女性は恋人でもない相手から独占欲を見せられると急に引いてしまいます。

同様の理由でストーカー気質の男性はヤバいと判断されて面倒に巻き込まれる前に逃げないといけないとトラブル回避に努めます。
そのため面倒な相手とレッテルを貼られてしまうと仮にセックスが気持ちよくてもセフレ関係は長期間続く事はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする