なかなか射精できないコンプレックスも掲示板を使うときは武器になる?

早漏に悩む男性は多い一方で、私みたいに『遅漏に悩む男性』は少ないと思います。
私は昔からなかなか射精ができないことがコンプレックスでして、周囲の男性が「エロいおかずだと速効で抜けるよな!」なんて話しているときも、自分がおかしいと悩んでいたのです。

おそらくはオナニーのやり方がまずかったと思っていますが、元々の体質も関係するようですし、一概には言えません。ただ1つ確かなのは射精が遅いこと、そしてそれがコンプレックスで女性とも付き合えないことで、セックスもろくに経験できていなかったのです。

こうなると、一生セックスしないことも予想していましたが…いくら射精が遅くても性欲はありまして、もちろんセックスに対する憧れもありました。そのため、ちゃんとできるかどうか不安になりながらも掲示板を使い、相手を探してみたのです。

その結果ですが、むしろなかなか射精できないというコンプレックスが武器になり、相手は大喜びでした。女性からすると早漏よりも遅漏のほうが楽しめるらしく、もしも私みたいな悩みを持つ男性がいたら、セフレと遊べば自信が身につくかもしれません。

私が掲示板で知り合った女性に遅漏であることを伝えたら、むしろ興味を持たれたのが始まりです。というのも、この女性の彼氏はすぐに出してしまうらしく、いつも満足する前に終わっていたので、それでセフレを探していました。

たしかにそういう事情なら、私はいい相手かもしれません。とはいえ、会ってセックスするまでは「いくらなんでも射精が遅すぎる!って怒られないかな…」と不安でいっぱいでしたね。遅漏というのは、やっぱり不安要素も多いのです。

先に掲示板にて射精が遅いと伝えていたこともあるのか、相手はなんだかフレンドリーです。実は「今日こそ中イキできるかな?」とずっと期待していたようでして、私は竿役として期待されていたのですね。

そして実際にセックスしてみたところ、予想以上の好評ぶりでした。彼氏と違って全然出さないし、その分だけ萎えることもありませんから、ちゃんと中イキもできたと話していたのです。ここまで絶賛されると、男としての自信を身につきますよね?

それからも掲示板でいろんな女性と会い、セックスを重ねてきました。
その間は満足こそされても怒られることはなく、「世の中の女性って、遅漏の男が好きなのかな?」と今では考えられるようになったのです。

この調子で恋人も作り、ちゃんと満足させてあげたいですね。