おっぱいのGスポットを攻めよう

出会った相手とセックスをする時におっぱいを愛撫する男性は多いですよね。
男性自身おっぱいが好きで触りたいという気持ちも強く、さらに女性もおっぱいは性感帯の1つです。おっぱいを愛撫する事は双方にとってメリットがあると言えるでしょう。

ただおっぱいは乳首や乳輪だけが感じるスポットだと思っていませんか?
実はおっぱいにはGスポットと呼ばれおっぱいのGスポットを愛撫すれば胸だけで女性をイカせる事も可能です。
男性にも見栄やプライドがあり、女性にセックスが上手いと思われたいですよね。

このおっぱいのGスポットを知らない男性も多いので他の男性よりも一歩リードする事が出来るはずです。
では出会った相手をおっぱいのGスポットでイカせる方法を紹介します。

まずGスポットを説明する前にBスポットについて説明します。
おっぱいにはたくさんの神経が通っているので快感スポットがたくさん存在します。
そしてその快感スポットの事をBスポットと呼んでいます。

GスポットとはBスポットの1つでBスポットの中で最も感じるところです。
具体的な場所は脇の下の少し下部でおっぱいの外側のちょうど境目の部分です。
言葉で説明しても分かりにくいと思うので実際に女性の胸を触って相手の反応を見て場所を特定して下さい。

Gスポットは激しく揉んではいけません。
ちょうどリンパが流れる場所でもあるのでリンパを流すように優しく揉むのがポイントです。
最初は手で愛撫して筆などで刺激を変えてそして電気マッサージで刺激するというふうに徐々に刺激を強くしていくのがポイントです。
おっぱいのGスポットを極めればおっぱいの愛撫だけで潮を吹くほどのオーガニズムを感じる事が出来るでしょう。

ただしこのおっぱいのGスポットには欠点があります。
それはすぐに快感に直結しないという事です。
あまりおっぱいのGスポットが開発されている女性はいません。

そして最初はなかなか快感を掴みにくいので時間をかけて開発していくしかありません。
なので1晩限りの相手にはそのテクニックで満足してもらう事が出来ません。
ただ長期的なセフレ関係を築き開発を続けておけばちょうどセックスでマンネリ化する頃におっぱいのGスポットの開発は終わります。

そうすれば相手の女性はあなたのテクニックにメロメロになってしまう事間違いなしです。
おっぱいのGスポットを極めればセフレと長期的に良好な関係を築く事が出来るようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする