掲示板で知り合った人妻は貧乏生活が長くそこが可愛いです

私が掲示板を使っていたら、とある人妻の一榎さんという方と知り合いました。
一榎さんは結婚していますがセックスのことを『お金がほとんどかからない娯楽』と考えているらしく、私とも気軽に会ってセックスをしてくれたのです。

現代はこういう人妻も多く、そのおかげで掲示板を使っていても簡単にセフレが作れるのですが…一榎さんはちょっと変わった一面もあるおかげで、そこが可愛らしく見えるタイプでした。セフレである以上は割り切って遊びますが、未婚ならちょっと意識したかもしれません。

一榎さんがどんな女性なのか簡潔に説明すると、『貧乏生活が長かった女性』です。
結婚している今はそこそこ余裕があるのですが、結婚するまではかなり貧乏生活が続いていたようで、結婚した今でも裕福な振る舞いはできません。

無駄遣いするよりはよっぽど魅力的ですし、一榎さんの夫もそんな妻を愛しています。
ただ、仕事のせいで家を空けることが多く、そのせいで一榎さんもセックス相手が欲しくなり、こうして掲示板を使い始めました。一榎さんは結婚前からセックスには奔放だったようで、人妻ながらも罪悪感はないようです。

貧乏生活が長いかどうかは、セフレ関係には影響しない…こう思うかもしれませんが、実は結構響きます。とはいえ悪い方向に影響するわけではなく、むしろメリットも結構ありますので、一榎さんはいいセフレだと思います。

まず、一榎さんはセックスする際にラブホテルに行きたがることはあまりありません。
というのも、ラブホテルの利用料金がちょっと高いと感じているようで、「ホテル代がもったいないし、あなたの家でセックスしない?」と言ってきたのです。
私としては、ラブホテルの代金くらい気にならないのですが…。

また、会うときは先に食事をすることが多いのですが、その際も「お弁当作るから、公園で食べようか?」なんて言ってきます。外食するなら奢ってもいいのですが、どうやら貧乏生活が長いと自炊がまったく苦にならないようで、まさかセフレである私にも作ってくれるとは思いませんでした…。

そんな一榎さんを貧乏くさいと感じる人もいるでしょうが、私としては「贅沢を知らない子みたいで、なんか可愛いな」と思いますし、お弁当も美味しいから普通にうれしいです。
こういう倹約したがる女性って、お財布にも優しくていいですよね。

一榎さんとは今もずっと遊んでいますが、セックスしていると「こういう人と結婚できた旦那が羨ましいなぁ」と感じています。もしも私も結婚するとしたら、こういう人を見つけたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする