SNSでセフレ募集をしている子はアテにならないので掲示板を使いましょう

TwitterとかのSNSをチェックしていると、「セフレ募集中です」みたいな書き込みをよく見かけませんか?SNSに慣れていないうちは「こういう子に声をかけたら、セックスができるのでは?!」と期待するものですが、世の中そこまで甘くありません。

SNSでセックスの相手を探している女の子は、ほぼ100%業者です。
こういう子に声をかけるとどうなるかと言うと、違法な風俗業者から女の子を紹介され、結局はお金を払うことになるでしょう。それだけならまだしも、脅される可能性もあります。

それ以外にも怪しい勧誘だったり、高額な商品を売りつけられたり、男性の本能を利用した詐欺業者はSNSに蔓延しています。通報すればアカウントは削除されるでしょうが、こうした業者は次々と出現するため、運営側も完全に排除することはできません。

たまに「SNSでセフレを作った!」みたいな体験談もありますが、作り話かよほど運が良かったかのどちらかです。運さえよければSNSでもセフレが作れるかもしれませんが、狙って作るには可能性が低すぎるため、期待するだけ無駄でしょう。

「それじゃあ、セフレ募集をしている子なんていないの?」と思いそうですが、掲示板ならば募集している子が本当にいます。SNSで狙うのにロマンを感じている人も少なからずいますが、セフレ探しで大事なのはロマンよりも実用性です。

その点で言うと、掲示板は使いやすいです。
こういう掲示板を見ている女の子はセフレを欲しがっているわけですから、詐欺業者の可能性は大きく減ります。ちゃんとした運営がいる掲示板ならば業者への対応は厳しく、SNSを使うときのような心配は要りません。

掲示板にて相手を探している子に声をかけると、基本的にはスムーズに話が進みます。
セックスしたい男女が相手を探している掲示板なので、面倒な交渉なども必要なく、それでいてお金をかけずにセックスを楽しめるでしょう。

こうして書くとSNSには価値がなさそうに思えますが、友達を増やしたり、恋人を探したりするなら悪くありません。時間はかかるものの、共通の趣味などがあればSNSでもいい相手が見つかるかもしれませんね。

SNSと掲示板は目的によって役立ち度が異なりますので、セフレが欲しいときはそういう掲示板を使ってください。用途が合わないのに無理してSNSを使っていると、時間ばかりかかって後悔することになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする