なにかとムラムラしやすい現代には掲示板が欠かせない!?

昔に比べると、現在の日本は『とてもムラムラしやすい環境』だと言えるでしょう。
今も昔も男の性欲は変わらない…のですが、問題は『すぐにエロいものが見られる』という状況であり、普通に過ごしていても不意打ち的なエロに遭遇することは珍しくありません。

たとえばスマホを使っているとさまざまな広告が表示されますが、その中にエロい広告はありませんか?とくに男性向けのサイト(アダルト度合いが低いもの含む)であればそうした広告が表示されやすく、購入するつもりはなくてもついクリックしてしまいませんか?

そしてエロい漫画や動画などを見てしまえば、どうしてもムラムラします。
「もうエロいものは見慣れているし、広告くらいで大げさな…」と思うかもしれませんが、男の本能というやつは非常に単純でして、エロだと思ったらつい見ますし、股間に血液が集まってしまうのです。

また、エロというのはネットだけに存在するわけではありません。
現代の女性たちは露出度の高い格好を好むゆえ、町を歩くだけで谷間や生足を見ることができます。短いスカートであればパンチラも見ることができますし、ちょっと外を歩くだけで勃起しそうになる日もあるでしょう。

そんな環境である一方、「今はついオナニーしやすいから、できるだけ減らすか完全にやめよう!」なんて動きもあり、私もオナニーを控えるというのにはある程度賛同できます。
エロに溢れている現代ではオナニーのやめ時が見つからない上、抜き過ぎると死にたくなるほど落ち込むかもしれません。

とはいえ、完全に射精をやめるのも難しいです。
できるだけネットを見ないようにしていてもエロいものに触れる機会はありますし、そもそも抜かずに放置していても夢精する可能性があります。となれば、『適度にセックスしてスッキリする』のが1番です。

セックスで射精する場合はオナニーと違って落ち込みにくいため、ムラムラしたら掲示板で相手を探すといいでしょう。すでに相手を確保している場合、ムラムラしたら積極的に誘ってみてください。

私はムラムラしたら掲示板を使うようにしており、そのおかげでオナニーでは抜かないようになりました。セックスできると分かっていたら「相手と会うまで我慢だ!」と自制しやすいため、オナニーを控えたい人は試してみるといいですよ。

ムラムラしやすい世の中にも問題はあるかもしれませんが、男である以上エロからは逃げられないため、掲示板を使って上手く付き合っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする