お嬢様育ちの人妻と知り合ったのでラブホに連れて行った結果

今時お嬢様育ちなんて言葉は死語に思えるかもしれませんが、実際にそう呼べる人も現存しています。そもそもお嬢様育ちという定義自体が曖昧であり、なにをもってしてお嬢様かと聞かれたら困るのですが…私の場合、『何不自由なく育った世間知らずの女性』がそうだと思っています。

そしてそういう女性は、性的な体験も乏しいことが多いです。
お嬢様というのは大抵が異性との交際も厳しく制限されており、それこそ学生のうちは全然付き合わなかった…なんて人もいます。
だからこそ、その反動で思いっきり遊んでしまう人もいますね。

人間というのは適度に遊ぶことも重要で、遊んでいないと大人になってからとんでもないことをするかもしれません。私もお嬢様育ちの人妻が掲示板を使っていたときには、なんの冗談かとも思いましたが…もっと若い頃にあまり遊べなかったと考えたら、自然なことかもしれませんね。

掲示板を使っていた私は、とある人妻を口説いていたんです。
今まで人妻とは遊んだことがなかったからいい機会だと思い、声をかけてみたら、いかにもお嬢様っぽい育ちの良さを感じました。
言葉遣いは綺麗ですし、礼儀もしっかりとある雰囲気です。

とはいえ、結婚しているからにはそれなりにセックスもしており、今は欲求不満だからこそ掲示板を使っています。どうやら今になって自分の経験が乏しいと知り、本当はもっと気持ちよくなる方法があると知ってからは、そういった行為への好奇心が止められなくなったのだとか…。

それを聞いた私は、とりあえずラブホテルに誘ってみました。この女性、当然ながらラブホテルは使ったことがないらしく、私が行きたいかどうかを聞いてみるとすごく興味を示していたのです。たしかに一度も行ったことがないなら、気になる施設ではありますよね?

そして一緒に行ってみたら、子供みたいにはしゃいでいました。ラブホテルに入るまでは物静かで楚々としていたのですが、初めて入ることができた『セックスするための施設』には興奮が抑えきれず、私にいろいろと聞いてきたのです。

もちろんただ単に口頭で答えるよりも、試してみたほうが早いです。とくにお風呂場のマットでヌルヌルプレイをしたときは、ぎこちなくもしっかりと動いてくれて、いろんな意味で真面目なんだろうなぁ、と感じました。

お嬢様育ちの女性ってなかなか面白いので、会うことがあったら狙ってみるといいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする