久しぶりのエッチに燃えてしまう女性をゲットしました

随分とセックスをしていないからスッキリしたい!…こんな風に考えている女性は、今時珍しくありません。最近の女性は性欲が強く、それでいて男性はやや大人しくなっていますので、欲求不満になってしまう可能性はあるでしょう。

久しぶりにセックスをする女性は、ほとんどがすごく乱れます。
男性も久々の射精だと「出したけど、まだムラムラする…」と考えるように、女性も一度の絶頂くらいでは満足しません。むしろ、男性に比べて射精後の賢者タイムがない分、さらに連戦しやすいでしょう。

このため、久々のセックス相手を探している女性と会うなら、こちらも相応以上の精力が必要です。「昨日抜いたばかりだけど、会ってみるか…」なんて考えて会うとすぐにバテてしまうため、できれば数日間はためておくのがオススメですね。

私はそういう女性を狙っていたわけではありませんが、ちょうど「久しぶりにエッチがしたい!」とセフレ募集をしている女性を見つけ、こちらもたまっていたから会ってみることにしたんです。女性の年齢は26歳でした。

彼女とは出会い系で話したその日には会うことになりまして、どうやら一刻も早く会ってセックスがしたかったようです。出会い系にはすぐに会ってセックスをさせてくれる女性もそれなりにいるとされますが、彼女みたいにたまっている人のほうがより可能性は高いのかもしれません。

ちなみに彼女はセックスをしなくなって1年近くが経過したと話しており、たしかにご無沙汰なのが分かります。女性は男性に比べて精子がたまるといったことはないため、男性よりも我慢しやすいと言えますが…それでも、これくらいの期間を過ごしていれば限界なのでしょう。

彼女が待つ場所まで向かって合流すると、すぐにホテルへ行きました。
セフレ募集をしている女性とはデートなどをする必要はなく、すぐにセックスできるというのが男性にとっても好都合ですね。

久しぶりだからすぐにでも入れてもらいたかったようですが、あえて最初は焦らします。
先に焦らすことでセックスはもっと気持ちよくなりますから、私も入れたいという本能を堪えつつ愛撫を続けました。すると、ビックリするくらいドロドロになってエロいです。

もちろん入れたときが1番盛り上がり、お互い久々のセックスに満足しました。
事後、彼女は「こんなに気持ちいいエッチ、初めてかも」と嬉しそうに話してまして、そう考えると我慢というのはセックスを盛り上げるのに必要かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする