子供がいる人妻でもセフレ募集に応じるようならやっぱり女です

女性は子供が産まれると母親になり、女であることを捨てる…そんなイメージはありませんか?実際に母親という立場は大変忙しく、女性らしさなんて意識する暇もないという人は多いですし、これは仕方のないことだと思うかもしれません。

とはいえ、子供を産んでも「まだまだ女でありたい!」と考える女性も多く、そういう人は母親になってもセックスを楽しみたがります。これは旦那としてはありがたく感じるかもしれませんが、性欲が一段落している男性の場合、「母親になったんだし、そろそろ落ち着いても…」と考えるかもしれません。

そんな旦那にもの足りなさを感じている人妻は、ほかの男のセフレ募集に応じることが多いです。旦那が相手をしてくれないから、ほかの男のセフレになる…これは母親という立場を考えればあるまじきものに見えるかもしれませんが、そもそも母親である前に女性でもあります。

となれば、女を捨てきれずにセックスを求めるのも不思議ではありません。人間というのはあくまでも本能には逆らえない生き物であり、性欲については繁殖に欠かせないとても強い欲求ですから、それが満たされないならセフレになってくれるのも普通…かもしれませんね。

私も掲示板でセフレ募集をしていたら、子供がいる人妻が興味を示してくれました。
旦那とは子供ができてからほとんどしていないらしく、この前は相手をしてもらったものの、旦那は1回出したらあっさりと終わってしまったようです。

それにがっかりしたこの人は掲示板を使い、良さげな男を探していました。
とはいえ、自分からグイグイいくのは少しだけ抵抗感があったようで、あくまでもいい感じの書き込みを探し、それに乗っかりたい…こう考えていたのです。

やはり『セックスはしたいけど、一応は浮気になるし、自分から書き込みを連発するのは気が引ける』という微妙な心境があるのでしょう。男性からすると回りくどく感じるでしょうが、そういう気持ちも察してあげると仲良くなりやすいです。

私もこの女性がセフレ募集に興味を示していたときには、こちらから積極的に誘うことで喜んで応じてくれました。こちらからガツガツ誘うことで「こんなに誘われているし、セックスもしたいからしょうがないよね…」と自分に言い訳しやすくなるのです。

そしてセックスしているときは、やっぱり相手は女になっていました。
子供にはまず見せられないような表情や喘ぎ声を見せてくれて、私もすごく楽しく絡み合えたのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする