セックスレスに悩む女性と仲良くなってたっぷり調教した話

日本には、セックスレスに悩む女性が多いとされています。
これはセックスが下手な男が多いというよりも、『セックスにかける時間が短すぎる』というのが関係しているでしょう。実は日本の平均的なセックスにかける時間は、かなり短いのです。

日本は無駄に労働時間が長いせいで私生活が犠牲になっていることが多く、そうなると気持ちいいものの疲れるセックスは優先順位が下がりやすいでしょう。だからセックスするときも「早めに切り上げよう」と考え、最低限の愛撫と挿入、そして出したら終わる…みたいな内容になりやすいのです。

女性が気持ちよくなるために必要なのはテクニックよりも時間であり、どれだけ丁寧に触るかがポイントとなります。男性はサクッと終わらせるセックスでも気持ちよくはなれますが、女性は短いセックスだと大抵満足できません。

そしてつまらないセックスを続けていたらパートナーとのセックスレスに陥る可能性があり、別の男を相手に欲求不満を解消するかもしれません。実際に掲示板にはパートナーとのセックスレスに悩む女性が結構いて、優しく誘えば会いやすいです。

私が仲良くなった女性も、パートナーとのセックスレスに悩む女性でした。まだ結婚はしていないものの、すでに同棲しており、いつかは夫婦になる…と考えているものの、結婚前からセックスレスに突入したのは、彼女にとって青天の霹靂でした。

彼女自身はすごくセックスが好きというわけではなく、相手に求められることで幸せな気持ちになれるし、なにより愛されているという実感がわくらしいです。しかし恋人に抱かれないとあれば不安になってしまうのが当然で、誰かに愛されたくなり掲示板を使い始めたのですね。

彼女はセックスして男性に愛されるだけで満足だったようですが、私はそうではありません。気持ちよくなるのは当然として、「せっかくだし、自分好みに調教したいな」なんてことも考えまして、本当に実行したのです。

彼女と会うときは簡単には入れず、とにかく愛撫で焦らしまくります。このときに弱い部分を見つけておき、あえてそこは触れないようにすることで、『相手からのおねだり』を誘発させていたのです。

こうしたプレイを繰り返した結果、今の彼女はすっかり私に調教されて、「おねだりは?」と聞いたら「私の弱いところ、おちんちんで突いて…」と言うようになりました。その姿を見ると、私も強い満足感を覚えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする