セックスするなら社会人サークルとか趣味の集まりとかよりも掲示板がオススメです

部活やサークル活動というのは学生の特権…というわけではなく、社会人サークルなどの『趣味の集まり』はいくつになっても参加できます。キャンプや登山といったアウトドアからゲームや読書などのインドアな集まりまで、多種多様でしょう。

こういうサークルや趣味の集まりというのは「きっと共通の趣味を持つ人たちがお互いを高め合うために集まっているんだろうなぁ」と思うかもしれませんが、実際はそんなにいいものではありません。参加する性別に制限がない限り、『共通の趣味を持つ異性との出会いの場』と化しています。

私には登山が好きな友人がいて、この人が大変ストイックでした。だからそういう仲間が欲しくて登山趣味の集まりに参加したところ、「男も女も異性の目を気にしたやつばっかりで萎えた…」とげんなりしていたのです。

私も異性の目があれば意識はしますが、友人の気持ちは分かります。趣味があってこそのはずなのに、結局は異性と出会うための手段になっていれば、真面目にやっている人ほど馬鹿らしく感じるのでしょう。

さらに言うと、こういう場所で出会いやセックスを期待するのはオススメできません。こうした集まりにおいて周囲を出し抜くように異性とくっつくと、村八分になってしまいます。また、イケメンや美人がいたらその人ばかり注目されてしまい、ほかの人は楽しくもない時間を過ごすことになるでしょう。

結論を言うと『趣味の集まりは趣味がメインでも出会いがメインでもオススメできない』ということになります。私もそういう話を聞いたらサークルに参加する気は起きないし、セックスしたいなら掲示板を使うほうがオススメですね。

掲示板というのは悪いイメージを持ちやすいですが、セックスの相手を探すなら趣味の集まりよりもよっぽど効率的です。そもそもセックスの相手を探す時点で手段を選ぶのはナンセンスですし、それなら大っぴらに探せる方法のほうが有意義でしょう。

掲示板なら趣味の集まりにありがちな面倒は一切なく、文字通りセックスの相手を黙々と探すことができます。これは普通のことですが、実際に相手を探してみると大変便利なのが分かるでしょうし、簡単にセックスができたら癖になりますよ。

私もセフレを作ってからは本当に楽しく遊べており、「面倒なことをしなくていいな」と痛感しています。セックスが目的で趣味の集まりに参加するくらいなら、最初からこうした掲示板を使い、いい相手をゲットしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする