苦手な夏も終わったのでセフレ掲示板で相手探しをスタートです

日本には四季がありますが、誰にだって「この季節はいらないよなぁ…」と感じることがありますよね?ちなみに私の場合は『夏』が不要だと感じており、もしも今後四季をコントロールできるようなことがあれば、夏だけはスキップしてもらいたいですね…。

こんな風に書くほど、私は夏が苦手だったのです。理由は言わずもがなその暑さゆえですが、雨が多くなかなか日が出ないのも嫌でした。家中湿気るのもそうですが、ある程度太陽が出ない日々が続くと、体調不良を起こしませんか?

昔から日光浴は体調を整える効果があるとされてますし、私の不調とも無関係ではないでしょう。そんなわけで夏の間はとにかく無気力になってしまい、仕事以外のことはほとんどしていません。普段は自炊もしているのですが、夏の間は店屋物やインスタントで済ますことが多いですね…。

もちろん、夏が終われば元気になります。正確には9月の中旬、気温が下がり始める頃から活力がわいてきまして、これまでできなかったことを始めます。自炊などの家事はもちろんのこと、周囲のお手伝いなどもしますし、なによりセフレ掲示板での相手探しにも力が入りました。

男性は、どんなときでも性欲だけはある…と言いたいところですが、実際は体調のいいときだけです。たとえば風邪を引いている人は勃起すらろくにできないように、性欲というのは体調が整っているからこそわいてくるのでしょう。

なので、夏以外は積極的にセフレ掲示板を使っている私でも、夏になるとまったく利用しません。それこそ夏の間はオナニーすらあんまりしなくて、朝立ちが収まらないときに渋々処理する…そんな感じでした。

で、今は苦手な夏も終わったので、セフレ掲示板もちょくちょく覗いています。実は夏のほうが夏休み中の女性を引っかけやすいみたいですが、私みたいに夏が苦手だとそれどころではありませんので、せっかくのチャンスでも活かすことができません。

ただ、こういう掲示板には夏以外にもそれなりに人がいるため、相手探しに不自由したことはありません。先日も年上女性と会ってきましたが、相手の性欲が大変強いのにも関わらず、夏が終わって元気になった私は喜んで応じることができました。

このように、セフレ掲示板というのは自分の都合のいいタイミングに使えますので、体調が安定しない人でも使いやすいです。「不定期の利用でも大丈夫なのかな?」と気になっているときは、まず暇なタイミングでチェックしてみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする