セフレはセックスが終わって寝ていたらいきなり襲ってくるから油断なりません…

男は眠っている女性を見ると、つい襲いたくなりませんか?寝ている女性を襲うというのは基本的に恋人同士であってもNGなのですが、お互いの性欲が強ければ受け入れられる可能性があるため、その場合は儲けものだと言えるでしょう。

男は昔は狩りをしながら生きていたことがあり、無防備な獲物がいたら自然と襲いたくなるのかもしれません。ただ、人間は動物と違って理性があり、相手に拒絶されたのにそのまま遅うと犯罪になります。無理矢理してもいいのは、AVの中だけですね。

なお、その逆バージョンもあります。寝ている男性を襲い、自分の性欲を満たそうとする女性も実際にいまして、そういう人と寝るときは油断できません。「女の人から襲ってくるなんて最高じゃん!」と思うでしょうが、時と場合によるでしょう。

たとえば『セックスが終わって寝ているとき』に襲われたら、正直疲れませんか?男はセックスが終わるとぐったりしていることが多く、そんな中襲われたら「頼むから寝させてよ…」と言いたくなるでしょう。私も性欲は強いですが、寝ているときに襲われるのは困ります。

とはいえ、股間を触られるとギンギンになってしまうのは男の性であり、こうなると女性の思うつぼです。ギンギンになってしまえば抜かない限りはどうも落ち着きませんし、結局はセックスに応じるしかないでしょう。

私のセフレもセックスが終わったあとに寝ていると、いきなり襲ってくるから油断なりません。この人とのセックスは気持ちいいですし、襲われるのがすごく嫌ということはありませんが…襲ってくるとしたらセックスの後が多いため、非常に疲れるのです。

このセフレとは出会い系で仲良くなり、最初は遠慮していたのか、寝込みを襲ってくるようなこともありませんでしたが…ある日寝ているとやけに股間が熱くなっており、何事かと思ったら相手が必死にむしゃぶりついていたのです。

「いきなり夜這いされた女性って、こんな気持ちなのかな…」なんて思いましたが、何をしているのかと聞くと「ちょっともの足りないし、またやりたくなっちゃって…」なんて普通に言ってくるのです。その表情には、まったく申し訳なさは感じられません。

結局このセフレの思い通りまたセックスに付き合い、これが終わったらやっと普通に寝させてくれました…そしてこの人は『襲えば相手をしてくれる』と思ったのか、今もちょくちょく寝込みを襲ってくるのです。

本気で怒ればやめてくれるかもしれませんが、気持ちいいことに逆らえないのは男としてしょうがないですね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする