若いセフレのアソコを舐めるのはたまりません

女性のアソコも、年齢に応じて劣化していくような気がします。女性は男性以上に若さが武器となりますが、やはりアソコの美しさにおいてもそれは同じなのか、年齢を重ねた女性ほど『グロマン』と呼ばれる状態になりやすいでしょう。

また、匂いについても同じだと思います。若い女性のアソコって匂いが薄めで、それでいてエロさを感じさせるフェロモンが漂っていると思うのですが…年齢を重ねた女性はそういう手入れを怠るようになるのか、きつい匂いが多めだと感じました。

そんなわけで、私もおっさんですが「セックスするなら、やっぱり若い子がいいよなぁ」と感じていました。同年代とセックスすることもあるのですが、やっぱりアソコに顔を近付けると微妙な気持ちになることが多く、完璧に満たされたとは言い難いです。

その点でいうと、今遊んでいる若いセフレは最高ですね。アソコがとても綺麗ですし、匂いもほとんどありません。しかしエロさという意味では抜群であり、とくに舐めているときは味と匂いが脳を刺激してきて、股間も自然と元気になっていきました。

私は出会い系でセフレを探すことが多いのですが、その際に相手をしてくれたのがこの女性です。若い女性と遊べるなんて思っていなかったので、大体は同年代女性と遊んでいたのですが…先ほども書いたように、同年代が相手だとイマイチでした。

とはいえ「もう若い子に声をかけてもなぁ…」とまごついていたら、若い女性から声をかけられたのです。最初は風俗業者かと思ったのですが、お金を要求してくるわけでもないし、私も段々と「もしかして、本当にセックスできるのか?」と期待しました。

ちなみに私みたいな年上に声をかけてきた理由は『若い人と違って慣れていて気持ち良くしてくれそうだから』という期待があったらしく、それならと会ってみました。自分がテクニシャンだと断言する気はありませんが、たしかに満足させる自信はそこそこあったのです。

若いセフレとのセックスは、もう脱がす段階から楽しいですね。ちょっと恥ずかしそうにするだけでなく、下着も可愛いしスタイルも綺麗だから、憧れのAV女優とセックスしているかのような満足感に包まれていました。

とくにパンツを脱がすときはすごくドキドキしていましたが、綺麗なアソコが現れたときにテンションも最高潮となり、必死に舐め回しました。お風呂に入ったあとということもありますが、あんなにいい匂いのするアソコは初めてだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする