セフレがシャワーを浴びるときはいつも脱いだパンツの匂いをチェックしてます

女性が着ていた衣類って、すごくいい匂いがしませんか?男性でも柔軟剤などを使えばいい匂いになる…のですが、女性が着用することでその人のフェロモンもしっかりと移っているのか、男性にとっては癖になる香りを醸し出すのです。

そして1番匂いが気になる衣類と言えば、やっぱりパンツですよね?洗濯後のパンツでも悪くないのですが、やっぱり脱ぎたてが最高に興奮します。いろんなシミが付着している様子に少し引く男性もいるでしょうが、ちょっと汚れているのは『女性がしっかりと履いてフェロモンを吸収している証拠』でもあるのです。

そんなわけで、私はセックスの際に女性がシャワーを浴び始めたら、いつも脱いだパンツの匂いを嗅いでいました。昔付き合っていた彼女のはもちろんのこと、出会い系で見つけたセフレのパンツもちゃんとチェックしていたのです。

脱ぎたてのパンツがどんな匂いなのかと言うと、『汗と尿に女性特有のフェロモンが加わったもの』と表現できます。汗と尿の匂いはお世辞にもいいとは思えないでしょうが、そこにフェロモンが加わるとむしろ興奮を誘うでしょう。

もちろん、すべての女性が同じ匂いというわけではなく、人によって差があります。そしてとくにいい匂いと感じる相手とは相性がいいことも多く、匂いチェックは『相性のいいパートナー探し』の観点からも役立つでしょう。

実際に今遊んでいるセフレのパンツはすごくいい匂いなのですが、体の相性は抜群ですね。セックスは誰としても気持ちいいのですが、相性のいい相手であればその気持ちよさは何倍にも膨れあがり、オナニーには戻れなくなるほどの快感を得られます。

ちなみにパンツの匂いを嗅いでいることはセフレも知っており、「恥ずかしいんだけど…」と言いつつも本気で怒ることはありません。やはりパンツを嗅いだあとの私がいつもギンギンなのを見ていると、自分の匂いで興奮していると分かって悪い気にはならないのでしょう。

なお、たまに嗅ぐだけでなくセックスで使うこともあります。パンツの匂いを嗅ぎつつピストンしたり、出すときはパンツを被せてしごいてもらったり、女性のパンツというのはセックスを盛り上げる上で欠かせないでしょう。

「パンツって汚れているし匂いを嗅ぐのはちょっと…」と思う男性は多いと思いますが、実際に嗅いでみると世界が変わります。私も昔は抵抗感がありましたが、一度嗅ぐと癖になってしまいまして、今は「パンツを無視するなんてもったいない!」と思うようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする