小金持ちになれたけど風俗は使わずにセフレ掲示板を使って遊んでいます

コツコツと地味に生きてきた結果、40代目前にして小金持ちになれました。昔から堅実な性格と言われており、「自分みたいな一般人はお金をしっかり貯め込んでおかないと…」と早い段階で考えていたから、それが本当に実った感じですね。

大金持ちになるならときにギャンブルのような挑戦も必要ですが、小金持ちというのは誰でもなるチャンスがあります。たとえば投資についても同じで、ハイリスクハイリターンなものだと借金まみれになることもありますが、ローリスクローリターンだと借金を負うことはほとんどありません。

もちろん投資だけでなく貯金も重要で、細かい出費を抑えて徐々に貯め込むのが基本です。毎月高い目標を設定するよりも『数年間で地味に差が出てくる程度の目標』を立てることで、無理なく貯金を増やしていくことができるでしょう。

これらを実践し続けた私は同年代の知人に比べてもかなりの資産があり、大金持ちではなくとも小金持ちにはなれたのが自分でも分かります。世界の富裕層に比べるとはした金かもしれませんが、一般人からすると裕福…そんなレベルですね。

小金持ちになった私は、ちょっとだけ生活水準を上げた…なんてことはなく、「資産は多いに越したことはないよな」と考えを新たにに、同じようなやり方を継続しています。とくに節約を意識したいのが『性処理に関わる費用』であり、これはセフレ掲示板を使って遊べば大丈夫でした。

男の性欲というのは、定期的に処理しないといけません。完全に抑え込むのも1つの手ですが、男は我慢し過ぎるとあとの反動が強くなりすぎるため、むしろ「そろそろしたいな…」と思ったらセックスをするほうがいいでしょう。

小金持ちなら風俗にも行ける…のですが、風俗というのは正直高いです。男が性欲に逆らえないというのを分かっていての価格設定なのか、一度通い始めるとお金があっという間に減っていきますので、小金持ちにとっては危険な存在でしょう。

だからこそ、セフレ掲示板のありがたさが身に沁みます。セフレを誘ってセックスをすれば食事代程度で遊べますから、資産形成の邪魔にはなりません。性処理は男にとって重要な要素ですが、資産形成のほうが優先なのは言うまでもないでしょう。

また、セフレ掲示板には美人もそこそこいるため、風俗嬢に負けないほど興奮させてくれる人とも遊べる…かもしれません。大金持ちなら風俗でもいいと思いますが、私みたいな小金持ちや今からお金を貯めたい人は、セフレを探してスッキリしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする