20代のセフレとベロチューしたらとても甘い味がします…

20代の女性って、本当に全身がエロいですよね?「ほかに評価するところがないのかよ…」と呆れられそうですが、健全な男であれば若い女性をエロい目で見るのは仕方なく、とくに私みたいなおじさんになればよりエロく見えてしまうでしょう。

私も自分が若い頃はそんなに相手の年齢に執着していなかったのですが、今は「やっぱりエッチなことをするなら20代がいい!」と断言するようになりまして、そういう相手を探してちょくちょく出会い系を使っていました。

出会い系は若い人が多いですが、私みたいなおじさんも案外います。その利用目的はいろいろですが、やっぱり若い子とセックスしたがる人が多くて、20代の子を見かけたら取り合いになることも珍しくないでしょう。

そんな中、ついに私も20代のセフレを作れたのです。嘘くさいかもしれませんが、出会い系をこまめに覗いていれば誰にでもチャンスはあると思いますので、「もう若くないし諦めるか…」と思い込むのはもったいないでしょう。

20代のセフレと遊んでみた感想ですが、最高としか言いようがありません。本当はもっとこの良さを詳しく伝えたいのですが、何分成績は良くなかったものでして、上手い表現が見つからないのが悔しいくらいです…。

強いて言えば、『ベロチューしたときに甘い味がする』というのが1番興奮しました。若い子とセックスするならもちろんその唇も味わうと思いますが、ぷるんとしていて柔らかいというだけでなく、舌を入れたときはもっとすごかったのです。

相手は若くて体力もあるセフレだから、会ったらまずは食事へ行くことになりました。もちろん私の奢りではありますが、若い子とセックスできるならお安いものでしょう。

セックス前の腹ごしらえなのか、男の私も顔負けの量をしっかりと平らげていまして、「若さってすごいなぁ」と思わされました。もちろん私も負けていられないので、ちゃんと食べて精をつけましたよ。

ホテルではすぐに抱き寄せ、キスをさせてもらいます。やっぱりおじさんとのキスは嫌がるかなと思いきや、舌を入れたらすんなりと受け入れてくれて、その甘い唾液をたくさん飲ませてくれました。若い子はとてもいい匂いですが、口の中まで美味しいなんてすごいですよね。

キスをしていたらすぐに股間も元気になり、たくさん可愛がってもらいました。若い子の手や口、そしてアソコで気持ち良くしてもらう時間は本当に充実していて、自分も何歳か若返ったような気分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする