千葉のセフレ掲示板で見つけたお相手は1回いってからが本番です

どうも皆さん!!
昨日仕事の休憩中に千葉のセフレ掲示板で出会った女性からフェラで抜いてもらいましたw
手っ取り早く抜いてもらう時は、やっぱりフェラが一番良いですね。
スッキリしました。
明日も抜いてもらおうかな?w

それでは「ケロケロピッピー」さんから頂いた投稿をご紹介したいと思います。

男性の性的な欲求は、1回目の射精を終えるまでがピークです。
出すまではまさに野獣のような勢いがありますが、1回でも出すと落ち着いてしまい、仮に2回目以降ができたとしても1回目のような勢いは出せないでしょう。

これは男性の生理現象なのでどうしようもありません。
何度も勃起を復活させられる男性でも、内心では「相手が満足したらもう終わらせるか」と冷静に考えているのです。射精後の男性は、女性が考える以上に冷静なのですね。

それなら女性はどうなのかと言えば、実は真逆だったりします。
女性は1回目の絶頂を迎えるのが大変な代わりに、『何度でもいけるし2回目以降はさらに感じやすくなる』という特徴がありまして、いくことが『絶倫になるスイッチ』みたいなものですね。

男性からすると「女性は何度も楽しめていいなぁ」と思うでしょうが、その分「何回もいかないと満足できないから、後始末が大変なんだよね…」という悩みを持っているため、女性が真の意味で満足するには、男性側の協力も欠かせないでしょう。

こうしたこともあり、セフレ掲示板を使う女性とは何度もしまくる必要があるため、男性はしっかりと性欲をため込んでおくべきです。こういう掲示板を使う女性は「普段のセックスでは満足できないし、この機会にさっぱりしたい!」と考えるのが普通ですからね。

私が千葉のセフレ掲示板で見つけたお相手のW(仮名)も、1回いってからが本番って感じでした。
Wはこれまでにそれなりの人数と付き合ってきたのですが、自分がいくまでに終わる人や1回しかいかせてくれない人が多かったため、とにかく欲求不満だったのです。

千葉のセフレ掲示板でそういう話を聞かされてから会うことになったので、私もしっかりと準備をしました。Wと会うまで射精を控えるのはもちろんですが、相手の感じやすい部分を聞いたり、飽きないようにおもちゃも用意したり、とにかくWをいかせるための工夫をしていたのです。

その甲斐あって、Wとのセックスはお互いが満足できました。1回目はなかなかいかなくて、大人のおもちゃを使うことでいかせることができましたが、これで終わるわけがありません。「やっぱり、入れてもらわないと…」と好色に見つめてきて、ピストンがスタートしたのです。

1回いったあとのWはいきやすく、私が出すまでにまたいったようですが、それでも腰は止まりません。結局、事後に聞いてみたら「何度いったか、覚えてないかも…」と言っており、やはり女性を満足させるのは大変だと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする