セフレ掲示板で見つけたぽっちゃり美人とスリルのあるセックスをした

『スリルのあるセックス』というのは、実は大事です。性欲というのは『本当ならしてはいけないこと』に対してわきやすいため、スリルを与えることでセックスも盛り上がり、男性ならたくさん出せますし、女性ならいきやすくなるでしょう。

それに対し、普通のセックス(安心してできるセックス)の場合、最初のうちは刺激もありますが、徐々に慣れてしまいます。これはどんな人であっても同じであり、性欲旺盛なカップルであっても、マンネリを感じると性欲も減退するでしょう。

私も彼女と付き合っていた頃は普通のセックスに勤しんでいましたが、やっぱり回数を重ねるごとに刺激もなくしてしまい、別れる直前ともなればほぼセックスレス状態でした。というか、「彼女とするよりも、AV見ながら抜くほうが捗るな」なんて考えていましたね。

しかし、セフレ掲示板で見つけたぽっちゃり美人(以下A)とのセックスでは、そんな気分にはなりません。毎回刺激的なシチュエーションを提案してくれるおかげでマンネリになることもなく、恋人を作ってセックスするよりも楽しい日々を過ごしています。

彼女と別れた私はセフレ掲示板を使い、新しいセックス相手を探していました。本当なら恋人を作るべきかもしれませんが、私もまだ20代前半ということもあり、「婚活するなら、もうちょっとあとでいいだろう」と思い、お手軽なセックス相手を探し始めたのですね。

それで見つけることができたのがAであり、体型はまさにぽっちゃりでした。女性が「ぽっちゃりです!」なんて言っているときは大抵肥満なのですが、Aは『お腹や首はそこそこだけど、胸やお尻はかなりでかい』という理想的なぽっちゃりであり、とってもエロかったのです。

そしてセフレ掲示板で会話していると、Aがかなり積極的…というか、『特殊なシチュエーションが好きな女性』だと分かりました。女性であるにも関わらず「ソフトSMなら普通にいける」とか「初エッチは海岸だった」とか、聞いているだけでムラッとするような話をしてきます。

そんなAとの初セックスは、青姦をすることになりました。Aは外でするセックスが好きらしく、オススメのスポットも知っているので、待ち合わせ場所を決めてもらったのです。私は初めての青姦でしたが、興味はありましたし、断る理由はありません。

外でAのぽっちゃりとした体を抱きつつ入れるのはすごく気持ちよくて、あり得ないほどの量を出せました。やっぱり、セックスにはスリルが必要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする