奥さんが予想外の妊娠をしたので私もセフレ掲示板を使うしかなくなった話

私の奥さんは40代半ばで、私は20代後半だから、かなり年の差がありました。ちなみに出会いは職場でして、奥さんは入社当時からお世話になっていた上司でもあり、よく仕事の打ち上げとして飲みに行っていたのです。

そんなある日、飲み過ぎて遅くなった際に「今日は寂しいから、一緒にいて欲しい…」なんて言われまして、私も酔っていたから、その勢いでホテルに行ってしまいました。なお、かなり年上の奥さんですが、顔も体つきも普通にそそりますし、セックスはとても気持ちよかったです。

事後、奥さんは「ごめんね、こんなおばさんの相手をさせて…」としおらしくなりまして、無理に責任を取らせようとしない姿にときめいてしまい、付き合うことになりました。そして意外と交際は順調でして、付き合って半年もしたら結婚したのです。

奥さんは年齢相応の経験があり、「私、もう若くないし、元々できにくい体質だから、キミの子供は産めないかも…」と自分のことを理解していたので、私もそれを受け入れました。というか、別に子供が欲しくて一緒になったわけじゃないし、「子供ができない分、ラブラブな生活が続けられるだろう」という期待があったのですが…。

結婚して数ヶ月が経過した頃、やけに上機嫌な奥さんが「私、○○君の子供を授かっちゃった♪」と報告してきたのです。かなり妊娠しにくいのは間違いなかったようですが、それでも可能性が0ではなかったようで、まさか私が父親になるとは思いませんでした…。

もちろん奥さんは産む気満々で、私もそれを拒むことはできません。ただ、私は奥さんがかなり好きでセックス相手としてもすごく好ましいと感じていたから、「ああ、これで欲求不満の日々が続くのか…」とつらくなったのです。

そしてまだ新婚なのにそんな日々に耐えられるわけもなく、セフレ掲示板を使って遊んでしまいました。奥さんには悪いのですが、予想外の出来事は私に耐え難い衝動を発生させまして、こうでもしないと我慢できないのです…。

セフレ掲示板では奥さんよりも若い女性と遊ぶことが多かったのですが、やっぱり若いセックス相手は体力もあるし、自分から気持ちよくなろうと貪欲に求めてくるから、これまでとは違った楽しみを感じられましたね。

いつまでセフレ掲示板を使うかははっきりとしていませんが、少なくとも奥さんがさせてくれるようになるまでは使うつもりなので、頑張って内緒にするしかないです。本当に、妊娠のタイミングって分からないものですね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする