セフレ掲示板で見つけた女性はなかなか変わった趣味をお持ちでした

世の中にはいろんな女性がいて、女性の数だけ性癖もあります。男性に比べるとそういう面でも大人しそうな女性たちですが、中には「え、なんでそんなことするの…」と聞きたくなるような、変わった趣味をお持ちの人もいるんです。

私がセフレ掲示板で見つけたM(仮名)という女性も、性癖としてはかなり変わっていると思います。Mはすでに30代ですが未婚でして、とくに結婚する気もないらしく、だからこそ独身生活とセックスを楽しんでいるようです。

そんなMの趣味は、なんと『相手男性のペニスを撮影すること』でした。男性がおかずのために女性を撮りたがるのは分かりますが、その逆…まさか男性のアレを撮りたがるなんて、意図が想像できませんよね?

ですが、Mに聞いたら「え?男の人も、女の子の写真でオナニーするよね?」と当然のように聞き返してきて、私は「女の人って、こういうのをおかずにするんだ…」と驚きました。女性もオナニーするのは知っていましたが、おかずも必要なのはちょっと意外だったのです。

そんなMと初めて会ったのは、秋頃でした。時期的にセフレ掲示板の利用者は少なさそう…なんて思っていたのですが、実際に覗いてみるとたくさん女性が見つかりまして、「やっぱり女の人も、セックスはしたいんだなぁ…」とうれしくなりましたね。

そして仲良くなれたのがMで、このときは普通の女性というイメージしかありません。いきなり撮影を希望することもなく、普通に会う日にちなどを決定したら、アドレスを交換してとりあえずお終いでしたね。

その後も無難なやり取りをして、当日を迎えました。先ほども書いたようにMは30代でしたが、決して容姿が悪いということもなく、むしろ魅力的なほうだと思います。私は結構年上好きだったので、そのおかげでよく見えていたのかもしれません。

そのままラブホテルに入り、お互いの体を触り合って準備をしたら、Mが「あ、貴女のおちんちん、撮ってもいい?」と言ってきたのですね。最初は意図も分からずに混乱しましたが、顔などは一切写さないため、とりあえずOKしました。

その後はお礼とばかりにフェラや手コキもしてくれて、きつくしまったアソコにも入れさせてくれたのです。撮影されたことに対してはなんともいえない気持ちがありましたが、セックスは気持ちよかったので文句はありません。

なお、射精後のしぼんだペニスも別途撮影し、「いい写真をありがと!」と喜ばれました。セフレ掲示板を使うと、たまにこういう変わった人もいるんですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする